COMPANY


隣屋
『どう考えても日本語』



日本の話です。
桃太郎とか、東京のこととか。
悲しいことは今のところしません。

全編日本語ですが、日本語が出来ない方でもお楽しみいただけますよう、
日本語字幕でお送り致します。


脚本・演出:三浦雨林

出演:伊藤利紗  佐々木愛  鈴木涼太  本木錬史  他

タイムテーブル:
8/18(火)14:00/18:00
8/24(月)19:00
8/25(火)14:00/18:00
受付開始は開演の40分前、開場は開演の30分前より

※こちらの公演は、「ハイマ」との合同公演になります。

【隣屋】
2014年4月旗揚げ。日本大学芸術学部演劇学科劇作コース、三浦雨林主宰。
生活の中の感情や言葉から飛躍をしない作品の再現を試みている。
声に出すことの出来ない感情を、舞台の上で生身の人間が再現することの繊細さと芸術性を表現することを目標に上演。
演劇においての空間と音、声と身体のあり方について、公演毎にアプローチを変化させている。
今回は日本語字幕で上演致します。


 


<過去公演履歴>
2014年4月 隣屋旗揚げ公演『アキレスはしんだ』日本大学所沢校舎103教室
2014年6月 隣屋第二回公演(文芸学科ゼミ雑誌展)『赤字で名前を書いてはいけない』日本大学江古田校舎ギャラリー棟
2015年5月 隣屋第三回公演『毛布の中』新宿眼科画廊Space:地下


WEB      http://nextdooor.tumblr.com/
MAIL      nextdooor.i@gmail.com
TWITTER   @nextdooor