SPECIAL

演出インタビュー

シアターグリーン学生芸術祭Vol.9参加団体をより詳しく知って頂く為に、参加各団体の演出家さんへのインタビューを行いました!
集団の事から、演劇以外のおススメまで、幅広くお答えいただきました!!



牡丹茶房
 作・演出: 烏丸棗
牡丹茶房 とは?
破滅と衰退にこそ美は宿るとし、人間の絶望を描いた耽美で官能的な芝居創りを目的に活動する劇団。
 参加作品:「私が死んだ暁には」
■団体について教えてください。いったいどんな団体なのでしょうか?
主宰の烏丸棗です。牡丹茶房は綺麗に着飾らせた絶望を見世物にする団体です。見世物にはしますが絶望のことは愛しています。


■劇団をつくったきっかけというのは何ですか?
大学の先輩に学祭で幾つかの団体で集まって教室公演をするんだけど参加しない?と聞かれ、最初はその企画の為に立ち上げた団体でした。


■団体名の由来は?
牡丹には「女の絶望」茶房には「他人の不幸は蜜の味」的な意味が込められているのですが説明すると長くなりそうですし少し気恥ずかしいので、割愛。よく集会所の事務員さんに茶道の会と間違われます。


■ここがうちの劇団のいいところ!悪いところ!というのを教えて下さい。
答えに悩み過ぎて3時間経ったのでパスでお願いします。


■大学の演劇活動環境について劇団の数や、普段の稽古や公演の場所など教えて下さい。
同期ではうちの劇団以外にも7団体程あります。稽古場は学校の教室や江古田周辺の集会所を借りていますね。公演は山手線の上半分にある劇場でやることが多いです。





■今回このようなフェスティバルに参加になるわけですが、今まで学外の劇団などとの付き合いはありましたか?
ありません。


■演出家さん自身についてお伺いします。演劇をやりたいと思ったり、自分で創り始めたのはいつからですか?そのきっかけは何ですか?
小さい頃から演じる側として演劇をやっていました。劇作や演出をし始めたのは演劇部に所属していた高校一年生からです。部員が誰もやりたがらなくて、始めました。


■今の自分にとって演劇はどのような存在ですか?
改めて考えると難しいですし、答えるのも何だか照れますね。何でしょう、在り来たりではありますが、生活の一部とかでしょうか。


■演劇以外に好きなものがあったら教えてください。
小説は好きです。


■演劇・映像などジャンルに関係なく、多くの人に観て欲しい!というお勧めの作品があれば教えてください。
音楽ですが、「amazarashi」というバンドの曲は良いです。泥臭くて。





■芸術祭の話に戻ります。「学生演劇」というくくりについて何か思うところはありますか?
高校演劇、学生演劇、社会人演劇、いいんじゃないですか。ハマチ、メジロ、ブリ、みたいで。


■シアターグリーン学生芸術祭についてどう思っていますか?良いところ、悪いところ、期待するところ、気になるところ・・・忌憚のないご意見をお聞きします。
高校演劇部の他校との交流会を思い出します。どこか懐かしい空気感です。


■今回の作品についてネタバレにならない程度に教えてください。一体どんな作品になるのでしょう
二人の女子高生が色んなものに翻弄されるお話しです。


■ありがとうございました!
ありがとうございました。