SPECIAL

演出インタビュー

シアターグリーン学生芸術祭Vol.9参加団体をより詳しく知って頂く為に、参加各団体の演出家さんへのインタビューを行いました!
集団の事から、演劇以外のおススメまで、幅広くお答えいただきました!!



葡萄のグミ
 作・演出: 南雲慶祐
葡萄のグミ とは?
明治大学文学部文学科演劇学専攻の南雲慶祐が発足したユニット。
現代社会への皮肉をエンターテイメント性で包括する、ブラックでファンタジーな刺激的作品を求め続ける。
誰でも、どんなことを考えて観ても余韻の残る作品を目指す。
 参加作品:「音速アキレス」
■団体について教えてください。いったいどんな団体なのでしょうか?
こんにちは、葡萄のグミです!
代表の南雲です。
主に、ぼくがやりたいことがあったときにできるような、個人ユニットとしてつくりました。
基本はブラックなファンタジーの演劇作品をつくっていく団体だと思います。
多少の過去を前向きに越えて、この団体があります。


■劇団をつくったきっかけというのは何ですか?
いろいろな理由の中に、今回のSAFのために作ったというのがあります。
高校から演劇を続けてきて、そろそろ賞が欲しくなってきた、というのが本音です。グランプリを取りに行きたいです。
ただ、今後隙あらば「葡萄のグミ」でやっていきたいとも思っています。


■団体名の由来は?
「ぶどう」や「明治」でイメージカラーが想像しやすいように、
「グミ」などわかりやすい単語で覚えやすいように、
「葡萄」の漢字で目に止まるように、
そんな感じでつけました。

意外と多くの方の頭にちゃんと残ってくれているようで、嬉しいです(笑)


■ここがうちの劇団のいいところ!悪いところ!というのを教えて下さい。
ぼくがやりたいことを楽しそうにやるところがいいところだと思います。
悪いところもそれです。


■大学の演劇活動環境について劇団の数や、普段の稽古や公演の場所など教えて下さい。
元々早稲田大学の「てあとろ50'」というサークルで活動してきたので、早稲田について話します。
明治大学のことについてはハイマさんやぐっぱにーさんに任せます。

劇団数はミュージカルサークルなども含めて、明治の5倍くらいある気がします。
実態は不明です。誰にもわかりません。
とてもよい環境だと思っています。自由に活動できるし、おもしろい人がいます。
稽古も公演もだいたい学生会館という素晴らしい小屋でやっています。
最近はどらま館というかつての早稲田小劇場のメッカがめでたく復活して、早速いろいろな演劇が上演されています。






■今回このようなフェスティバルに参加になるわけですが、今まで学外の劇団などとの付き合いはありましたか?
早稲田界隈では割と多くの方と交流していました。
明治・日芸・慶應・東大・東京学芸・愛知学芸などの方とは関わったことがあります。
桜美林・多摩美・武蔵美・大阪芸大などの方々とはあまり関わったことがありません。ぐいぐいいきたいです。


■演出家さん自身についてお伺いします。演劇をやりたいと思ったり、自分で創り始めたのはいつからですか?そのきっかけは何ですか?
中学はサッカー部でした。高校で急に演劇をやりたいと思ったので、きっかけがわかりません。
高2で初めて脚本を書きました。「Because!!」という30分の作品でした。
高3で隣の高校(「劇団11」の主宰が部長をしていた)が総理大臣賞を取って何か気持ちが芽生えたんだと思います。


■今の自分にとって演劇はどのような存在ですか?
切り離せない存在になってしまいました。
思想を表現できる場を与えてくれるので、好きです。
でも、今は邪魔です。


■演劇以外に好きなものがあったら教えてください。
人間味が溢れるものが好きです。
スポーツとか、ドキュメンタリーとか(?)


■演劇・映像などジャンルに関係なく、多くの人に観て欲しい!というお勧めの作品があれば教えてください。
唐十郎の劇作品です。紅テントで観る演劇です。
あと、この間見た映画の「告白」がおもしろかったです。
加えるか迷いましたが、「劇場版テレクラキャノンボール」は衝撃的な作品でした。







■芸術祭の話に戻ります。「学生演劇」というくくりについて何か思うところはありますか?
いっぱいありました。ありすぎて最近なくなりました。


■シアターグリーン学生芸術祭についてどう思っていますか?良いところ、悪いところ、期待するところ、気になるところ・・・忌憚のないご意見をお聞きします。
今年は総動員数が2000人を切りたくないですね!
演劇を批評できる場であってほしいです。


■今回の作品についてネタバレにならない程度に教えてください。一体どんな作品になるのでしょう?
アキレスが音速で亀に追いつく話です。
センセーショナルな作品でありたいです。


■ありがとうございました!
こちらこそ、ありがとうございました!楽しかったです!