SPECIAL

代表者インタビュー

"学生のうちにしか作れないものってあると思うんです、
だから「学生演劇」というくくりは良いことだなあと思ったりします(笑)"


劇団演りだおれ
主宰:遠藤淳
劇団演りだおれ とは?
咲くやこの花高校演劇科OBによる劇団。関西を中心に活動中です。
創作脚本だけでなく既成作品にも挑戦し、決まったスタイルを持たないカメレオン劇団。
演劇は『総合芸術』をモットーに、演技や演出だけでなく、スタッフワークも一体化した作品作りを常に心がけている。
道頓堀学生演劇祭vol.10 最優秀劇団賞・優秀スタッフワーク賞・優秀舞台美術賞・受賞
 参加作品:「ヤマタノオロチ外伝」
■団体について教えてください。いったいどんな団体なのでしょうか?
初めまして、劇団演りだおれの代表兼舞台美術の遠藤淳です!今回はよろしくお願いします。
劇団演りだおれは、劇団員が三名と、それ以外のキャストスタッフを大阪芸大の精鋭中の精鋭で固めた演劇集団です(笑)


■劇団をつくったきっかけというのは何ですか?
劇団員全員が演劇科・高校演劇出身で、高校時代にはやりきれなかった、やらせてくれなかった事をやってみせるぞ!というのがきっかけでした。


■団体名の由来は?
大阪名物食いだおれ人形から来てるんだとか、来てないんだとか……。
よく「『演りだおれ』って名前どーなん?」聞かれます(笑)


■ここがうちの劇団のいいところ!悪いところ!というのを教えて下さい。
自分で言うのも何ですが、座付きの舞台美術デザイナーがいるというところが強みですね。旗揚げ以来劇団の舞台美術をいつもやっています。
あと、基本的に男性キャストが多い芝居ばかりなので熱量があります。
悪いところは恐らく、劇団員が私含め男三人なので集まると悪ノリが過ぎるというところですかね……(笑)


■大学の演劇活動環境について劇団の数や、普段の稽古や公演の場所など教えて下さい。
普段の活動は大阪芸術大学が主で、今大学内で活動している劇団というのは知っている限りでも2~3つほどです。
劇団というよりも、各々がやりたいメンバーをその都度募って公演を打っているという印象です。
普段の稽古場は芸大内の教室を利用する事が多いです。
公演の場所は心斎橋や天王寺、難波などにある劇場などで公演を打つことがほとんどですね。





■今回このようなフェスティバルに参加になるわけですが、今まで学外の劇団などとの付き合いはありましたか?
私個人としての繋がりはあるのですが、学外の劇団としてのお付き合いはまだ少ない方です。
これからの活動の中で、様々な劇団さんと交流できたら、と思います!


■演出家さん自身についてお伺いします。演劇をやりたいと思ったり、自分で創り始めたのはいつからですか?そのきっかけは何ですか?
我々は、母校である咲くやこの花高校の演劇科の卒業生で、そこで初めて演劇と言うものに触れ、演技や舞台技術の事を学びました。
私自身演出の経験はほぼ皆無で、劇団内で演出をしたのは前回の公演が初めてになります(笑)


■今の自分にとって演劇はどのような存在ですか?
結構難しい質問(笑)
気がつけば当たり前のように隣にいた存在なので、親愛なる隣人のようなものだと思いたいです笑


■演劇以外に好きなものがあったら教えてください。
物作りですねえ。家具だったり小道具だったり模型だったり……。
細かい物を作るのが好きでして、夢中になるとあっという間に時間が過ぎちゃいます。


■演劇・映像などジャンルに関係なく、多くの人に観て欲しい!というお勧めの作品があれば教えてください。
ゴア・ヴァービンスキー監督の『ランゴ』というCGアニメ映画です。
演劇してる人もしてない人にもお勧めの一作です。





■芸術祭の話に戻ります。「学生演劇」というくくりについて何か思うところはありますか?
学生のうちにしか作れないものってあると思うんです、だから「学生演劇」というくくりは良いことだなあと思ったりします(笑)


■シアターグリーン学生芸術祭についてどう思っていますか?良いところ、悪いところ、期待するところ、気になるところ・・・忌憚のないご意見をお聞きします。
今回が初参戦ですので、良し悪しなどは全く分かりません(笑)
東京という自分たちにとって未知の土地で初めてお芝居をし、東京のお客様にどう映るのかがとても気になるところです…。


■今回の作品についてネタバレにならない程度に教えてください。一体どんな作品になるのでしょう?
『豊かさ』っていうのは遥か昔から、時代が流れると共に姿形を変えてきました。その『移り変わり行く豊かさ』の原点を描く。そんな作品です!


■ありがとうございました!
ありがとうございます!よろしくお願いします!