SPECIAL

演出インタビュー

シアターグリーン学生芸術祭Vol.10参加団体をより詳しく知って頂く為に、参加各団体の演出家さんへのインタビューを行いました!
集団の事から、演劇以外のおススメまで、幅広くお答えいただきました!!

"この芸術祭が改めて若手の登竜門となるように、
我々も参加劇団としてより良いものを造らなくてはと考えています。"


劇団 白の鸚鵡
  主宰・演出: 内田達也
劇団 白の鸚鵡 とは?
大阪芸術大学舞台芸術学科の生徒を中心とし、結成された集団です。
個人の想像の限界を越えるため、それぞれの人間性による相乗効果を図り、関わる人間一人一人の芝居を創っていく。
 参加作品:「エルドラドを探して」
■団体について教えてください。いったいどんな団体なのでしょうか?
劇団主宰・演出の内田達也です。宜しくお願いします。
とにかく舞台が好きな集団です。


■劇団をつくったきっかけというのは何ですか?
そろそろ先輩におんぶにだっこではなく自分でやってみようかな、という思い上がりと盛大な勘違いで立ち上げました。


■団体名の由来は?
演劇の世界において教えられた言葉しか出せない鸚鵡のような僕達は、まだ真っ白で何色にでもなれるのではないか、若さを未熟と解釈するのではなく可能性の幅と解釈していく...そんな意味です。


■ここがうちの劇団のいいところ!悪いところ!というのを教えて下さい。
よくも悪くも賑やかです。集まったら所構わず動物園になりますね。
いろんな種類の動物がいます。


■大学の演劇活動環境について劇団の数や、普段の稽古や公演の場所など教えて下さい。
基本は大学構内の教室で稽古や公演をしています。他にも関西の小劇場で公演を行うこともあります。





■今回このようなフェスティバルに参加になるわけですが、今まで学外の劇団などとの付き合いはありましたか?
先日の道頓堀学生演劇祭以外では学外の劇団さんとのお付き合いは殆ど無かったので今回の機会を楽しみにしています。


■演出家さん自身についてお伺いします。演劇をやりたいと思ったり、自分で創り始めたのはいつからですか?そのきっかけは何ですか?
明確にこれというのは無いんですが、本気で演劇に向かい合おうと思ったのは昨年「劇団開花雑誌」に関わり村上如水さんに出会ったのが切っ掛けだと思います。


■今の自分にとって演劇はどのような存在ですか?
関わることの無いような人と自分の仲を取り持ってくれる、仲人のような存在。


■演劇以外に好きなものがあったら教えてください。
THE BLUE HEATSとTHE Rolling Stones


■演劇・映像などジャンルに関係なく、多くの人に観て欲しい!というお勧めの作品があれば教えてください。
「グッドモーニング,ベトナム」
「ゴッドファーザー」





■芸術祭の話に戻ります。「学生演劇」というくくりについて何か思うところはありますか?
お恥ずかしい事に学生演劇を意識したことはありません。


■シアターグリーン学生芸術祭についてどう思っていますか?良いところ、悪いところ、期待するところ、気になるところ・・・忌憚のないご意見をお聞きします。
演劇関係者だけでは無く様々な人が注目するような催しになっていくと良いな、と思います。この芸術祭が改めて若手の登竜門となるように、我々も参加劇団としてより良いものを造らなくてはと考えています。


■今回の作品についてネタバレにならない程度に教えてください。一体どんな作品になるのでしょう?
先が見えない鬱々とした日常を変えるための一歩。
その一歩に意味はあるのか、誰もが一度は経験するであろう悩みに対峙した少年の物語です。


■ありがとうございました!